コンサルティング事例・お客様の声

コンサルティング事例1

総合衛生管理製造過程を構築・運用してきた企業の場合

東北の委託製造を主に製造する会社様は、厚生労働省が承認する総合衛生管理製造過程を構築して運用していました。しかし、会社幹部の方は「この総合衛生管理製造過程を運用していれば、本当に製品の事故を未然に防止できるのか?」という疑問を持たれていました。作成された総合衛生管理製造過程の書類を拝見しますと、確かにどこかのテキストに書かれている内容がほとんどで、この工場の実情に合ったものではないことが直ぐに分かりました。

そこで、製造現場の確認を忠実に行い、どのような危険が潜んでいるかをハザード(危害の発生要因)の分析を正しく行うことをしました。それには、正しい分析手法を講義することやロールプレイすることの繰り返しになりました。

また、ISO 22000規格の強みである実施したことの振り返り(検証といいます)をすることでPDCAサイクルの本来のスパイラルが回り始めたのです。マネジメントシステムの原則は、経営者自らイニシアチブを以って食の安全に邁進することですし、組織全体で構築・運用することが求められています。この仕組みをうまく利用したのです。今後、更に確立した仕組みを上手に活用していくと思っています。


このページの先頭へ
0120-123-456
お問い合せフォーム