ISO22000/FSSC22000/HACCP 認証取得コンサルティングTOP > 

食品防御・食品偽装に関するお客さまの声

お客様の声

食品防御・食品偽装に関するお客さまの声

●食品防御についての情報収集が主目的でしたが、食品偽装に関しての最新情報を包括的にお聞かせいただき、大変有益でした。

●脆弱性の評価ツールの1つとして、SSAFEのツールの実践・体験ができたのが良かったです。

●仕入先への監査を行っていますが、生鮮食品が主で偽装しやすい企業が相手なので、今後の監査において、今日教えていただいた内容を参考にして、間違いのない原料の仕入れに役立てたいです。

●お話しがとてもわかりやすく、理解が深まりました。特に食品偽装の評価方法と緩和計画の説明と、惰弱性評価の演習が良かったです。チームでの議論も有意義でした。

●GFSIの要求事項からPAS96、SSAFE、USPと参考になるツールの説明や演習があり良かったです。質問にもたくさんの時間を割いていただいたので色々な視点を知ることができました。

●食品偽装について自社製品に関してアセスメントすれば良いと考えていたが、原材料についてもしっかり評価することが必要だということがわかりました。

●購買部門に所属しているため、サプライヤー・卸・消費者(お客様)の間に立ち、考えていかなければいけない立場なので非常に勉強になりました。

●現在、行っている評価の結果が出たところで、ここから次の対策をどうやっていくかの枠組みが見えてきました。ありがとうございました。

●食品防御、偽装に対する取り組みを行っていくうえで、最初の取っ掛かりがわからなかったのですが、危害→発生原因→管理手段→評価→CCPの流れで考えていけばよいことがわかり、大変参考になりました。

●要求事項についての理解が深まり、ロールプレイングで今後の活動が具体的に見えてきました。

●食品偽装と考えると”産地”ばかりが浮かんでしまっていたのですが、知識の幅が広がり、管理手段については日常的に実施していることで大半がカバーできることがわかりました。今まで意識の弱かった部分、見て見ぬふりをしてしまっていた部分の要求内容が追加となったことを認識できました。

●具体的な実施方法でチェックを行えたことが良かったです。NEW

●自社のリスク分析表をブラッシュアップさせるヒントをいただくことができました。NEW

●非常にわかりやすく、具体的な対応が聞けて良かったですNEW

●多様な方法が紹介され有意義でした。自社で試しながら役立てていきたいです。NEW

●演習の時間が多く、メリハリがあって良かった。NEW

●評価方法についての理解が深まりました。NEW

このページの先頭へ
0120-123-456
概算見積依頼フォーム